ブランデッドコンテンツとは

ブランディングにおいては、自社や製品の持つストーリーを伝えて共感してもらうことが重要です。ストーリーを最も効果的に伝えられるのは、経営者自身となりますが、関係者へ個別に語るというのは現実的ではありません。そうした中で、相手の心に強く印象付けやすいストーリー性のある映像コンテンツを活用する手法(ブランデッドコンテンツ)が注目されています。ブランデッドコンテンツの活用により、既存のCM映像や企業案内、IR資料等では伝えにくい企業や製品の本質的な魅力や理念を効果的に伝えることが可能となります。

ブランデッドコンテンツとは

セミナー動画

「採択事例にみるJ-LOD(5)を活用したブランデッドコンテンツ制作のポイント」
こんな方におすすめ
  • ブランデッドムービー制作を考えている。
  • J-LOD(5)補助金について詳しく知りたい。利用を考えている。
  • 出 演
  • 経済産業省 コンテンツ産業課長 高木 美香
  • 太陽企画株式会社 TOKYO ディレクター 泉田 岳
  • 「PARTY眞鍋が選ぶブランデッドコンテンツ4選~事例にみるブランデッドコンテンツの始め方~」
    テーマ
  • 「ブランデッドコンテンツ」とは何か?
  • J-LOD⑤とはどんな補助金か?
  • どんなパートナーと制作を進めるべきか?
  • 事例紹介
  • 出 演
  • 経済産業省 コンテンツ産業課長 高木 美香
  • PARTY クリエイティブディレクター 眞鍋 海里
  • 参考情報

    <レポートetc.>

    2018/5/25 アカデミー賞公認短編映画祭から学ぶ 動画マーケティングの最前線
    ~ブランデッドムービーの可能性~ Vol.1
    (引用:BRANDED SHORTS) 詳細を見る
    BRANDED SHORTS
    サイボウズ株式会社のブランデッドムービーを事例に、動画ブランディングの可能性について、視聴者へのアプローチの切り口やブランデッドムービーが企業側にもたらすメリット、制作のアドバイスを紹介しています。
    2018/5/25 アカデミー賞公認短編映画祭から学ぶ 動画マーケティングの最前線
    ~ブランデッドムービーの可能性~ Vol.2
    (引用:BRANDED SHORTS) 詳細を見る
    BRANDED SHORTS
    企業理念と社会課題をブリッジングしたブランデッドムービーを制作しているサイボウズ株式会社の映像制作を事例に、制作過程や継続して発信していくことの重要性、メディアとの付き合い方を紹介しています。
    2018/1/9 ブランデッドムービーの最前線
    ~企業・商品の思いを伝える動画マーケティング~ Vol.1
    (引用:BRANDED SHORTS) 詳細を見る
    BRANDED SHORTS
    企業の思いを伝えるためのブランデッドムービ-をどのように作るのかという観点から、Branded Shorts2017ノミネート作品の事例を交えて紹介しています。
    2018/1/9 ブランデッドムービーの最前線
    ~企業・商品の思いを伝える動画マーケティング~ Vol.2
    (引用:BRANDED SHORTS) 詳細を見る
    BRANDED SHORTS
    Branded Shorts2017ノミネート作品を事例に交え、商品に込めた思いを伝えるためのブランデッドムービーをご紹介しています。
    ブランデッドコンテンツ制作プロセス
    (引用:株式会社QPR 『PRODUCER HUB』) 詳細を見る
    株式会社QPR
    ブランデッドコンテンツを作りたいと考えている企業のほか、地域の団体及び映像制作会社の方々に向けて構築されたプログラムです。ブランデッドコンテンツ全体の概要を表すとともに、さらに踏み込んで知識を得るために、市販されている一般書籍の中から、概要を理解するためにわかりやすいもの、実践的に役に立つものを中心にピックアップしてご紹介しています。
    2018/12/04 ブランディング映像シンポジウムレポート (1/3回)
    (引用:株式会社QPR 『PRODUCER HUB』) 詳細を見る
    シンポジウムレポート
    企業や製品・サービスのブランディングのために映像を含めたエンタテインメントがなぜ有効なのか (Why)という観点から、ブランディングに対するアプローチの変化、プロダクトプレイスメントの効果的な手法、リターンの大きい自社製作コンテンツ等について、事例を交えて紹介しています。
    2018/12/04 ブランディング映像シンポジウムレポート (2/3回)
    (引用:株式会社QPR 『PRODUCER HUB』) 詳細を見る
    シンポジウムレポート
    ブランデッドコンテンツをどのように作るのかという観点から、消費者が感情移入し共感できるような物語の重要性、現代の消費者特性や消費行動に合わせてコンテンツを提供する必要性等について、事例を交えて紹介しています。
    2018/12/04 ブランディング映像シンポジウムレポート (3/3回)
    (引用:株式会社QPR 『PRODUCER HUB』) 詳細を見る
    シンポジウムレポート
    ブランデッドコンテンツに対する中小企業の取り組みの可能性 (Who)という観点から、デジタルプラットフォームの発展により少ない金額でも製作・発信が可能になったことや、1企業1ブランドのわかりやすさや意思決定の速さといった中小企業におけるメリット、また、広告とブランディングが融合しつつあるという時代の変化などについて、事例をも交えて紹介しています。